マンマークで守備してるチームでよく見る光景の対策をまとめてみました。もし、他に良い方法を知ってる方が読まれましたらご指摘下さい。


マンマークで守備してる赤の4番が、ボールを持ってる青の3番にプレスをかけてるとき、青の3番より相手のゴール寄りにいる図です。時々みます。
これだと、赤の5番の裏のスペースを簡単に使われてしまいます。
青の4番が斜めに入り込んできたり、青の2番が縦に抜けるように入ってきたら結構スペースあるし、 赤の2番がそのフォローに行くと当然青の5番はフリーになり危険な状態になります。


それでどうするかの前に
基本的なことの確認 

マンマークする時の基本ですが、マークについてる相手選手と自陣のゴールを結んだ線の上に立ちます。この前提を共有してるならゴレイロの声が一番正しいと思うのでよく聞きましょう。
マークしてる相手に対して胸を合わせるように対面すると良いです。サイドラインやバックラインと並行にならないように注意する。


それでさっきのマークについてですが、 


ここは赤の3番と5番は少し相手と距離をとると良いんじゃないかなと思います。この図で赤の3番はもう少し前に詰めても大丈夫かと思いますが…肝心なのは赤の5番の立ち位置で、青の5番へのパスコースも塞ぐことができます。
青の2番へパスしたらすぐに詰めればいいです。 (そのパスはそんなに怖くないから)
そして、赤の4番は青の3番にスペースを使われないように少し下がる。

フットサルはスペースがほとんどない競技なので、ディフェンスは少ないスペースを埋めることを意識すると、攻めづらいなーと思われたりします。またオフェンス側は少ないスペースを1秒でも作ることを意識するとプレーの質が変わりパスを受けて次のプレーに移れるようになります。 少ないプレーエリアの取り合いですね。

じゃぁボールの取りどころは?

前にパスを出せないと相手は後方でパスを回しますそこで徐々に詰めていって相手が横や後ろを向いたとこで複数人でとりにいくのが良いんじゃないかなと考えています。

ということで、今回はそんな感じで守備すると良いかもね!っていう例でした!