元記事: Organizations can now block abusive users
capture_of_github_new_feature_2016-04-05


Community is one of the most important aspects of open source, but sometimes a few bad actors can ruin the experience for the group. To help address the problem, organization owners now have the ability to block abusive users from public repositories. This feature allows project owners to block users, and prevents blocked users from opening or commenting on issues or pull requests, forking repositories, and adding or editing wiki pages.



コミュニティはオープンソースの重要な1面を持っていますが、 時に悪い作者がそのグループを壊すことがができます。
その問題に対処するため、オーガナイゼーションのオーナーが口の悪いユーザーをパブリックリポジトリからブロックすることができるようになりました。この機能は、プロジェクトに属するユーザがブロックすることを可能にしていて、 wiki、コメント、pull request やフォークなどもブロックでき悪事を防ぐことができます。