年末年始何かとお酒を飲む機会が増えてるこの頃だと思いますが、飲んだ翌日二日酔いになって辛い思いをしていないでしょうか。
そんな方に二日酔いにならないような対策と,もし二日酔いになったらどうすべきか。
そして、二日酔いの間違った対応をまとめてみました。

そもそも二日酔いとはどのようになるのか?その仕組みについてですが、
アルコールは飲んだ後、肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。
その後さらに、酢酸、水、二酸化炭素に分解され排出します。

この流れのなかで、アセトアルデヒドが分解されない(しきれない)と二日酔いになります。


まずは翌日二日酔いにならないような対策
飲む前
  • 牛乳
    • 胃の粘膜を守り、アルコールの吸収速度を抑える
  • ウコンの力
    • 1時間ぐらい前に飲んでおくと良い
    • ウコンに含まれるクルクミンがアルコール分解能力がある

飲んでる最中

  • 水分補給(水)
    • 体外排出のため
    • アルコール濃度を低くするため
  • 二日酔いを防ぐおつまみ

飲んだ後

  • 水分補給(主に水, スポーツドリンク)
    • 水は体外排出のため
    • 脱水症状になったときはスポーツドリンクの方が良い
  • ヘパリーゼ
    • 肝臓の働きをサポートする


二日酔いになったときの対応
  • 水分補給(スポーツドリンク)
    • 血中濃度を下げ、脱水症状を改善させる
  • お味噌汁(しじみ)
    • しじみはアセトアルデヒドの分解を促進し、またお味噌汁で脱水症状を改善させる
  • ウコン、ゴマ、ナッツ、鶏肉、トマト
    • 多少成分が違うのですが、アセトアルデヒドの分解を促進させます

最後に間違った二日酔いの対応
  • 運動
    • アルコール濃度を上昇させ、さらに脱水症状を起こす危険があります
  • 入浴やサウナ
    • 脱水症状に気をつけましょう


各対応については人によって誤差があると思うので、自分にあった対策、対応をみつけ、
美味しいお酒を楽しみましょう!!