よくアラ(ala)をやるとサイドに張り付いてアップダウンしてる人が多いです。それもアラの役割ですが、はりつく以外のことをピックアップしていきたいとおもいますl。
まず アラは サイドにいるポジションです。基本的にサイドですが、仕事は攻守に忙しいポジションになります。 フットサル色が強くなればなるほど、ボールを運ぶことはほとんどなくなると思ってた方が良いかもしれません。ボールを運ぶのは結構リスクが高いことなので、最初は
最初に意識することは、 スペースへの走り込みと性格なパスの技術の方が重要です。
守備もfixoに迷惑をかけないよう、守備でのカバーリングも忘れずにね!

それでは初級として意識する大事なことについて書いていきます。

スペースへの走り込み
スペースの走り込みで一番イメージしやすいことの一例として、ファー詰めがあります。
pivoがシュート打つ時は、当然ファーに誰かがいた方がゴールする確率は上がります。
pivoの役割でも書きましたが、ファー詰めはフットサル特有の動きでゴレイロの裏のスペースへ走りこむことは大事です。そういったスペースをいち早く見つけて走りこむことを意識しましょう。
フットサルの基本陣形は1-2-1のダイヤモンド型です。ということはアラの間、fixoとpivoの間のど真ん中は常にスペースが空いています。そういうところを使って fixoとパス交換をしたりするのも相手のマークを外すのには有効です。
ようはサイドに張り付いてるなよということです。
スペースを有効に使うために走ることは良いことです。※守備に切り変わったときに戻れる範囲なら


体力
体力と書きましたが、守備にも攻撃にもしっかり顔を出すことをしなければいけないので、やはり体力は必須ですよね。攻撃したい気持ちもわかるし、守備への足が重いこともわかるけど、フットサルは1対1が基本なので、しっかり守備にもどりましょう。
攻撃はアラ同士でバランスをとって攻撃しましょう。みんなで上がったら崩壊します。
一番過酷なポジションかもしれませんが、ゴールするチャンスが一番あって、守備でも貢献できるポジションです。インターバルトレーニングで体力をつけましょう。



ちなみに
パスについては初級編なので書きませんでしたが、具体的には練習あるのみですね。