フットサルにおけるピヴォは最前線にいて、サッカーで言うところのFWというとイメージしやすいかな。実際やると違う気がするけどね!
今回は、初級編ということで、簡単にこれが出来ると点取れて、チームに貢献出来る動きで思うことを書いてくよ!

その前に個人的な考えなんだけど
フットサルの個別スキルはバラバラでもフットサルの動きが出来ればスキルが低くても貢献できます。
だから、大人から始めたような人が読んで下さってたら、まず動き方を学んだ方が良いです。そっちのほうが活躍出来ます!そしてフットサルやるなら、上達した方が楽しいです。みんなが上達して、楽しくフットサルやりたいですね! 

それで、個人的に思ってるピヴォの仕事についてまとめたよ
  1. 前線で溜めを作って後ろからフリーの人に渡す
  2. ファー詰めを徹底する
  3. 相手のフィクソのパスコースを限定する(取らなくてok)

まずはこの3つを体で覚えるとフットサルを楽しめるので細かいこと書いてきます。

1. 前線で溜めを作って後ろからフリーの人に渡す
これは基本戦術のピヴォ当てのための動きです。
前線に張って(相手ゴレイロの近くまで行っていい)相手のフィクソとアラの間隔を空けスペースを作ることを第一目標にして下さい。
次にボールを貰うため、身振り手振りで味方に自分がフリーでパスを受けれる場所にパスを出してもらう。
パスを貰ったら、 反転するのは大変なので、あなた自身が作った広大なスペースにボールを出しましょう。
きっと走り込んで決めてくれます。 

 2. ファー詰めを徹底する
見方がシュートを打つ時、シュートする見方から遠い方のポスト付近に走り込みます。
シュートが外れそうな時は触って上げましょう。
また、相手やポストに跳ね返ってくる可能性もあるので、それも拾うことを意識して動きましょう。 
地味ですが、確実に点数を取る手段です。
なぜなら、ゴレイロの後ろは基本的にスペースになっているので、そこに入り込めば無人のゴールが目の前にあるだけだからです。

3. 相手のフィクソのパスコースを限定する(取らなくてok)
これは、日本代表の岡崎選手のようにボールに食らいついて追う事で、相手のミスを誘う事を目的としてます。
一番やってはいけないことは、抜かれることです。
フットサルはフィールド4人なので、1人抜かれると相手が絶対的に優位になります。
だから抜かれないように、コースを切る為にマンマークしましょう。

ピヴォ当てはこの動画の57分ぐらいのゴールがとても良い参考になるよ!